第1回読者賞結果

第1回翻訳ミステリー読者賞

スティーヴ・ハミルトン『解錠師』(越前敏弥訳 ハヤカワミステリ文庫)

キャロル・オコンネル『吊るされた女』(務台夏子訳 創元推理文庫)

ネレ・ノイハウス『深い疵』(酒寄進一訳 創元推理文庫)

対象期間、作品

2011年11月1日~2012年10月31日(奥付の記載で)の間に出版された翻訳ミステリー。新訳含む。文庫化、(同一翻訳者による)改訳は除く。

投票資格

>年齢・性別・職業問わず、翻訳ミステリーを愛する方。常用しているメールアドレスをお持ちの方。

投票期間

2013年3月1日~3月末日

投票方法

一人につき一回のみ一冊だけを選んで、メールにて投票。

発表

第4回翻訳ミステリー大賞授賞式(2013年4月13日)

 

投票総数147 全投票作品数62

全結果はこちらからご覧になれます(PDFファイル)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Clef two-factor authentication